謝りすぎてもイライラさせる!あやまり癖をやめる5つのコツ

【心理】行動

謝る癖
特に何もしていないのに、

「すいません」という言葉が口癖になっているという事はありませんか?

失敗をしたからといって、

やたらと謝ればいいというものでもありません。

 

やたらと謝ってしまう人というのは、

逆に周りに気を遣わせてしまう事もあるし、

嫌われてしまうこともあるようですよ。

そういう「あやまり癖」を回避するために出来ることを、考えてみました。

 

スポンサーリンク

謝る前に客観的に考えてみる

大したこともしていないのに、

必要以上に謝ってしまっていませんか?

あやまり癖というのは、

既に身についてしまっているということもありますね。

そういう場面を少しでも減らしていくために、

まずは自分が何をして、

何に向かって謝っているのかを客観的に考えてみましょう。

 

あやまり癖がついている人にとっては、

中々できない難しいことなのかもしれませんが、

客観的に見るということを、

常に念頭においておくだけでも変わっていけるかもしれませんね。

たいていのことは、そんなに謝るようなことではないような気がします。

 

またそれだけではなく、

本当に大変な失敗をした時も、

同じような感じで謝っていたのでは、

相手に対しても失礼な感じがしますね。

上司だってそういうところを、見ているかもしれませんよ。

常に謝っていると表面上だけの事に見えて、

「こいつ本当に反省しているのか?」

と思われてしまうかもしれません。

 

結局は謝ることですべてを許して欲しい、

という甘い考えがあるのだと、受け取られかねません。

それを避けるためにも、謝るのはほどほどにしておきましょう。

 

批判を過度に恐れない

あやまり癖がある人というのは、

自分に自信がないという人に多いようです。

また親や人の顔色を窺って生きてきた、というような人も。

いつも何かに怯えていて、

人のいいなりになってしまうタイプともいえるかもしれません。

 

謝るという行為は、

相手との関係を保ちたいという気持ちの表れでもありますね。

争うことをしたくない、

面倒だから謝っておけばいいという気持ちがあるのかもしれません。

 

私はどちらかと言うと、このタイプですね。

よく言えば平和主義者、悪く言えば八方美人という事になりますか。

心のどこかに人に嫌われたくない、という気持ちがあるんですよね。

けれど場合によっては、それは逃げるという事にもなってしまいます。

時には真正面から、人と向き合うというのも必要かもしれませんね。

みんな同じ人間なのですから、そんなに恐れることはありませんよ。

自分らしく堂々としていましょう。

 

罪悪感を捨てる

何をしても自分が悪い。

そんな風に考えたりしませんか?

そんなに罪の意識を感じるほどのことをしたのでしょうか?

確かにそういう時もあるかもしれませんが、

人間ですから仕方のないことだと、諦めてしまう、

それらを受け入れてしまうというのも一つの手ですね。

一つのことに対して、

いつまでも罪悪感を引きずっていたのでは、

周りの人にも不快な思いをさせてしまいます。

 

何が起きたとしても、そんなに自分を責める必要はありません。

それを繰り返していると、

どんどん心が萎縮していって、

最後にはどうにもならなくなってしまいますよ。

そこに執着してしまう、というのもまた怖いことです。

罪の意識を持つよりも、

そこから一歩進んで、きちんと責任を取る努力をしましょう。

 

自意識過剰になっていないか

世の中すべての出来事が、

自分の責任のように感じてしまったのだとしたら、

それは自意識過剰という事にもつながりますね。

 

「あの時私がこうしていれば・・・」

そんな風に、なんでも自分に結びつけるのは、

すべての意識が自分に向いてしまっているからです。

あまり関係のないような案件でも、

自分に結び付けるような事があったとしたら、

それは逆に思いあがりとも取られかねません。

 

何をしても自分が悪い、自分のせいだ、

そんなことはまずありませんから。

そうならないためにも、

もっと客観的に物事をとらえるようにしていけたらいいですね。

 

「すいません」を「ありがとう」に

これは一番簡単な方法です。

「すいません」という場面に出くわしたら、

あえて「ありがとう」と言ってみましょう。

謝る場合の「すいません」とは少々ニュアンスが違うかもしれませんが、

あやまり癖のある人というのは、

何かをしてもらった時などにも、

つい「すいません」と言ってしまったりします。

そういう時は謝らずに、

「ありがとう」と言えば相手にも喜ばれることになりますね。

 

自分に対してもそうです。

なんとなく良かったと、思えるようになるのではないでしょうか。

常に自分を過小評価するのではなく、

少しずつ持ち上げていけたらいいですね。

 

まとめ

謝り癖は少しのことを気に掛けるだけで、直せるものだと思います。

もし周りにそんな人がいたら、自分ではどんな風に感じるでしょうか?

やたらと謝られたら、

自分が何か悪い事をしたのかな?と、

相手にも罪悪感を抱かせてしまう事になりかねません。

 

謝る行為自体は悪いものではありません。

世の中には、悪い事をしていても謝れない人もたくさんいると思います。

ぶつかってきても謝らない人なんて、結構いますし。

ただやたら謝るのではなく、

本当に必要な時にだけ、謝るように心がけていきましょう。

スポンサーリンク