【超単純】時間が無い社会人の為の勉強法を心理学のブログで解説!

【心理】行動

忙しい社会人の勉強方法

社会人にとって勉強する時の一番の悩みどころは、

「時間が無い」ですね。

「時間が無い」をもう少し深く考えると、

時間が無いから知識を定着させることができない、

つまり、一番の問題は「覚えられない」っていう事になります。

大人になるにつれ、記憶力も無くなっていきますしね。

 

そうですよね?

見たこと、聞いたことを即覚えてずっと忘れないのなら、

あなたは一日一時間で誰よりも効率良く勉強できるはず。

一週間あれば英単語全てをマスターする事も可能です。

学習の効果が感じられないのは、「忘れている」からなんです。

 

私はよく世間で言われている、

「時間管理をしっかりしろ」

「早朝にやればいい」

「勉強する場所を変えればいい」

「とにかく書いて反復だ」

「○○テクニックを行え」

なんて言いません。

 

有効じゃないと言いたいワケじゃないんですが、

上に書いたものは、どれも人によってはハードルが高かったり、

向き不向きがある様に思えるものばかりだと思うんです。

少なくとも私は勉強する場所を変えることすら、

めんどくさいと感じます。

覚えるまで書き続けるなんてもっての他です。

 

ではハードルが低く、誰にでも効果がある勉強法は何か?

出来るだけ単純かつ労力を減らした方法を紹介します。

 

スポンサーリンク

聞きまくる

書きまくるを聞きまくるに変えました。

これを行うのにあなたが用意するものは、音声を聞く環境です。

私が学習するのに用いているのはyoutubeの動画とbluetoothイヤホンです。

bluetoothイヤホンを使っているのは、装着していれば、

家のどこにいようと音声を聞き続けることができるからです。

 

ここでやりたい事というのは、

学習したい音声だけを聞きまくるということです。

途中で他の音声に浮気してはダメですよ。

覚えるまで、ひとつの音声にバカみたいに集中することに意味があります。

 

ためしに10分の動画か音声を家にいる間、聞き続けてみてください。

聞いている時、インターネットや料理や飲食、何でもしててokです。

防水スピーカーや防水イヤホンなら風呂に入っててもいいですね。

耳以外の体はフリーですから、何をやっていても構いません。

ただ、インターネットや本での学習と同時進行してしまうと、

覚える情報が一つではなくなってしまうので注意ですね。

 

やってみてどうですか?

5回10回聞いていれば、嫌でも内容が頭に入ってませんか?

しかも全然労力はかかってませんよね。

なにか他事をやりながら、常に勝手に音声が流れているだけですから。

 

一つの音声を完全に覚えたと思ったら、

次同じことを別の音声で始めます。

これをずっと繰り返していくだけです。

これって通勤時間とかにも使えます。

これで「時間が無い」と言う問題はかなり解消されます。

 

自分が話せるようにする

会社の仲間、友達、恋人、家族…

あなたは会話をしますよね。

その時あなたが話す内容は、

あなたが知識として「覚えている」ことしか話していないはず。

逆を言えば、「知識が定着していない」ことに関しては話せない、

ということになります。

 

つまり、日常の中で覚えたいことを会話に出したりして、

人に伝える事で、知識は定着するようになります。

これって非常に効果が高いです。

 

例えば、「友達と話した会話の内容を覚えていることがあるな」

って感じたことありませんか?

それが今日だったり、一ヶ月前だったり。

たった一回会話した事を、一ヶ月後に覚えているってすごくないですか?

友達と話しただけですからね。

 

復習が最も良い勉強方

上に紹介した2つは、

要するにどちらも「復習」しているだけです。

音声を聞きまくる。

覚えたことを人に話す。

つまり、復習することが最も覚えることに適した勉強方法なんです。

あまりに単純で誰でも知っている「復習」ですが、

はっきり言って、これが一番効率がいいです。

 

「天才は一回で覚える」

とか、

「知人が死んだ時の事は一回で覚えている」

ってのは無しですよ。

あくまで、普通の人が普通の状態でっていう前提です。

 

思い返してみれば、復習って最強だなと感じませんか?

誰でもカラオケで歌える歌を数曲数10曲もってますよね。

それって一回聞いただけ歌えるようになったでしょうか?

必ず数回聞いた、または数回歌ったから歌えるようになったんじゃないですか?

最初は全然できなかった、出来る気がしなかった仕事も、

数ヶ月、一年経ったら、出来なかったことすら覚えてないくらい、

仕事ができるようになってませんか?

 

ほとんどの人が復習が良いと、

本当の意味で自覚できていないので、

あなたはそれを自覚するだけで他の人と差をつけることも可能です。

 

音声学習の補足

学習する音声

先ほどyoutubeの動画を使って学習していると

私は言いましたが、

「探しても復習したい音声が見つからない」

ということもあると思います。

 

自分で作りましょう。

作ると言っても簡単です。

スマートフォンやレコーダーの録音機能を使って、

自分が覚えたい事をしゃべればいいんです。

 

これって一石二鳥ですよ。

復習する音声を作ると同時に、

自分がしゃべることで知識の定着にもつながりますからね。

 

私も経験があるんですが、

録音した自分の音声って、なんか気持ち悪いというか、

違和感がめちゃくちゃあるんですが、

そこは我慢しましょう(笑)

覚えることには関係ありません。

むしろ衝撃的な体験で印象に残るかもしれませんよ(笑)

 

使用するbluetoothイヤホン

どのbluetoothイヤホンを選べばいいかですが、

とりあえず、左右一体型と完全独立型はオススメしません。

 

左右一体型はたいていイヤホンスピーカーのすぐ傍にコントローラーがあるんですが、

動き回る場合、コントローラーの重みでイヤホンがすぐ耳から外れます。

ランニングなんかしたら間違いなくやばいです。

音質や再生時間は問題ないんですが、

いちいち耳からイヤホンが外れると相当なストレスになります。

 

完全独立型は、圧倒的に再生時間が短いです。

他が&6~8時間に対し、2~3時間といったところでしょうか。

2~3時間で十分だという方は問題ないでしょうが、

ぶっ続けで聞くには不安な再生時間です。

正直、2~3時間なんて音声を聞いていればあっという間に過ぎるので、

私はオススメしません。

 

私がオススメするのは、

ボックスタイプ(ペンダントみたいなやつ)と、

ネックバンドタイプですね。

どちらも動き回ってもイヤホンは落ちませんし、

再生時間も十分です。

そもそもネックバンドタイプはランニングしたりする人用だったりしますしね。

 

ちなみに私は寝転がりながら音声を聞いており、

ネックバンドタイプだと首の部分が邪魔になることが多かったので、

ボックスタイプを使用しています。

 

あとすべてに共通しているのは、

充電完了時間が早いやつですね。

bluetooth2台持ちの人には関係ない話ですが…。

 

まとめ

いままで色々な方法を試してきた方、

色々ありすぎてワケ分からなくなって何も行動していなかった方、

もう後悔したり迷ったり必要はありません。

復習は誰にとっても最強の勉強法ですよ。

 

時間は掛かります。

ですが、たいして労力はないですよ。

そもそも楽して何かを得ようとするのは大抵無理だったりします。

そんな事が適うのは、たいてい法律違反だったり、

人として何か終わっていると思われる方法だったりします。

 

ずっと勉強に行き詰まっていたり、

覚えていなかった事に悔しいと思った経験がある方は、

ぜひ実践してみてください。

スポンサーリンク