あなたは普段大丈夫?「嫌われる話し方」の厳選4つを紹介!

【心理】行動

嫌われない話し方

自分では気づかないけれど、

中には嫌われやすい話し方というのがあります。

どうせ話をするなら、好感を持たれやすい話し方をしたいと思いませんか?

ちょっとした言葉の選び方をするだけでも、

相手に与える印象は変わるものです。

 

嫌われない、好感の持てる会話をするには、

まず会話におけるマイナスの部分から取り除いたほうがいいです。

そこで嫌われる話し方や注意点を、挙げてみました。

 

スポンサーリンク

声のトーンやボリューム

声のトーンが高いか低いか

やたらと高い声やキンキン声というのは、

聞く側にとっては耳障りで不快な印象を与えてしまいます。

 

友達にも”超音波を発してるんじゃないか?”

っていうくらいの人がいます。

本人もそんな事をよく言われるようで、

自分でもよく理解しているようなので、

出来るだけ声のトーンを落として、

ゆっくり話をするように気を付けていると言ってました。

 

トーンを落としすぎるのも問題ですが、

ある程度低いトーンだと、「安心感」や「落ち着き」が感じられ、

それを聞いた相手も自然と落ち着いていくというメリットもあります。

 

私は声のトーンが低いほうなんですが、

よく言われるのは「元気が無いのか?」です。

しかし、元自衛隊のおじいさんに、

「君の声を聞くと落ち着くから、クレーマー相手に有効かもなー」

と言われて、嬉しかった事もありましたね。

 

声自体はどうすることも出来ませんので、

自分なりに周りに気を遣って、

ゆっくりした口調にするだけでも、印象は違ってくるようですよ。

 

また淡々と話をしたり、ずっとトーンが同じだったりすると

なんとなく冷たい印象を受けますね。

私は知人に「ずっとトーンが同じだね。ロボットみたい」

との指摘を受けました…。

抑揚をつけた方が、相手も「人間」と話していると感じます。

ロボットと話をするのが好きな人はあまりいないですよね。

そういうところも、少し気を付けた方がいいかもしれません。

 

声の適切なボリューム

もう一つ気を付けたいのが、声のボリュームです。

こちらも時と場合により、上手に調整するようにすることが大切です。

ぼそぼそと小さな声で話をするのは聞き取りにくく、

はっきりしない印象を与えます。

声が小さいだけで、

「声ちっさくて何言ってるか聞こえねえんだよ!」

と怒り出す人も世の中にはいますしね。

 

逆に静かなお店などでも気にせずに、

やたら大きな声で話をしてる人もいますが、あれもどうかと思いますね。

”こっちの話が聞こえないから、もう少し静かにしてよ…”

と思った事ありませんか?

私はつい最近にも思ったくらいにありますね。

 

友達にも大きな声の人がいるんですが、

その人とご飯に行く時は、静かな店は選ばないようにしています。

もう少し静かにしゃべってくれたらいいのにと思うのですが、

話してるとどんどん声が大きくなっていくので、

どうしてもに賑やかな感じのファミレスとかになってしまいますね。

 

口調がキツイ

女性の中にも男のように乱暴な口調で話し方をする人がいますが、

なんとなく下品でキツイ印象を受けますね。

以前話をした人にで、すごい美人なのにまるで男みたいな人がいました。

”なんで普通に話が出来ないんだろう、せっかくの顔が台無しだな”

って残念に感じたのを覚えています。

こういう人は嫌われるというのではないかもしれませんが、

自分で自分の品格を落としているような気がします。

 

また何事にもハッキリと言いすぎてしまう人というのは、敬遠されがちですね。

こういうのをぶっきらぼうというかもしれませんが、

頼み事をしても「出来ません!」とか「無理です!」などと即答されるのは、

あまり印象がよくないですよね。

 

嫌なことを無理に受けるというのではなくて、

断るにしても少しオブラートに包むようにするだけでイメージは違ってきます。

こんな理由があるのでダメですというのを、

伝えるだけで相手も納得してくれますしね。

そのくらいのちょっとした心遣いも、必要ではないでしょうか。

 

早口で話す

やたらと早口で、機関銃のようにしゃべる人っていませんか?

こういうのも嫌われる話し方の一つに挙げます。

話をするのは結構ですが、

自分の事ばかり話すのでは相手が疲れてしまいますから、

たまには人の話を聞く間を作る事が大切ですね。

 

おしゃべりなのは悪いことではないと思うんです。

仲のよい友達などと楽しい時間を過ごしたいと思うと、

話題も尽きず会話が弾んで当たり前だと思いますから。

ただそこで、自分ばかりが話していると相手もうんざりしてしまうので、

少しペースを落として話すようにするといいのではないかと思います。

 

リアクションが薄い

リアクションが薄いというのは、

相手に、”真剣に話を聞いてくれていないのではないか?”

という印象を相手に与えてしまうようです。

 

そう書いておきながら、実は私自身がこれなんですけどね(^^;

もちろん人の話に興味がないわけではないし、

自分ではちゃんと聞いているつもりなんですが、

常にテンションも声も低いので、

「へぇ~そうなんだ」で終わってしまうんですよね・

 

相手にしてみれば、もっと大きなリアクションが欲しいのだと思います。

確かにそうですね。

自分が話をしても盛り下がってしまうと、

”私の話って面白くないのかな”って、

なんだか申し訳ない気持ちになってしまいますもんね。

会話を続けていくには「それでどうなったの?」などと質問を返すと、

相手も気持ちよく話が出来るのではないでしょうか?

しかし、大げさすぎるリアクションはかえって、

相手を引かせることになるようなので、気を付けましょう。

 

口を挟む

相手が話している事に対して、口を挟んだり、

話の腰を折るのもよくないですね。

また話の途中で「私は」などといつの間にか、

自分の話にすり替えてしまう人もいますが、

そういうのも嫌われる理由の一つになります。

まだこれから話したい事があったのに、

違う話にすり替えられるとなんだか面白くないですよね?

相手の話は、ちゃんと最後まで聞いてあげる事が大事ですね。

 

まとめ

人との会話には、色々と気を遣いますね。

けれどそんなに難しく考えずに、

基本、自分がされて嫌なことをしなければ大丈夫だと思います。

相手に対するちょっとした気遣いを、常に忘れないことも大切ですね。

人と会話する時には、相手に気持ちよく話をさせてあげることを

念頭においておくといいのではないでしょうか。

スポンサーリンク