職場の人間関係にイライラしない為に…「ぶっ壊れ解決策」

【心理】人間関係

大人になってから、人間関係でイライラするのは職場ですかね、やっぱり。

イライラの対象は、「顧客」・「先輩」・「後輩」…様々でしょう。

この中でもやはり「先輩」が圧倒的に多いのではないでしょうか?

年齢・経験共に自分より上だとどうしてもね…

自分にとって不服な物言いも振る舞いも、文句一つ言えない事が多いですよね。

 

私は今までいろんな職場を経験していますが、

こういう俗に言う「嫌な先輩」っていうのは、

不思議なことにどこに行っても存在するんですよね。

必ず「一人」は存在します。

あくまで私の経験則ですが…。

 

人間関係が嫌で転職したのに、また人間関係に悩まされるっていうのは、

結局どこ行っても「そういう」人間がいるからなのかもしれません。

そうなると、どこに行っても職場の人間関係がつらいとなりますね。

だからこそ、「転職」という対処ではなく、

「そういう」先輩にはどういう対処をすればいいのかを学ぶきです。

 

という訳で、今回は私が今まで出会った典型的な「嫌な先輩」の例を紹介し、

実際に解決した、常識外れの「ぶっ壊れ解決策」(職場仲間によると)を

紹介したいと思います。

あくまで参考程度にしてくださいね。

 

スポンサーリンク

すぐ怒る・不機嫌を撒き散らす「先輩」

簡結に言うと、暴君ですね。

人より怒りの沸点が低く、理不尽に怒り、

仕事と関係無い私事の不機嫌まで撒き散らします。

大半は、仕事が出来る・権力と立場がある人です。

なまじ仕事が出来る事を自覚しているからそのような行動に出るのでしょうね。

 

このような人間が発生するのは会社の責任です。

この人より上の立場にいる人間が是正しないのが最大の原因です。

 

私の職場にも一人の典型的な暴君の人間がいます。

ちなみに役職はチーフです。(なんででしょうね?)

仮に、Aさんとしましょうか。

 

Aさんはとても仕事が出来ます。

知識も経験も圧倒的ですね。

残念な事に人望は0です。

誰一人としてAさんを支持している人はいません。

 

周りの人間はAさんと関わる事を避け、

Aさんの言う事にはイエスで返答します。

怒られている時もひたすら「すいません」の繰り返し。

 

これではいけません。

こんな事傍で見ていても聞いていてもイラつきますよね?

「また始まったか」と。

 

このような人間に怒られ始めた場合、絶対に下手に出てはいけません。

「何怒ってんだ、こいつ」くらいのスタンスで望むべきです。

で、逆に「自分の何が悪くて怒っているのか」を問い詰める。

↑の言葉そのまま言っても問題無いくらいに。

全て問い詰め終わったら、「分かりました。これから気をつけます。」

で終われば良いです。

 

私はAさんの理不尽な怒りに対して、↑のように対応し、

「すいません」の単語は絶対に使いませんでした。

(自分に少しでも非がある場合は、素直に謝りましょうね)

 

すると、Aさんは「お前態度悪くね?」みたいな事を言うわけですね、当然。

その時も同じです。

「あなたにとって自分の態度の何が気に食わないのか」と問い詰めます。

相手が黙るまで。

 

この様な手合いに対しは、「問い詰める」事が大事です。

・なぜ怒っているのか

・なぜ不機嫌なのか

理詰めで話しまくるとと案外大人しくなります。

 

人間って自分が怒った時もそうなんですが、

何で怒りを抑えるのかと言われれば、「理性」で抑えるんですよね。

自分が怒った時もある程度自分を「客観視」して

「いかんいかん」と「理性」で抑えるワケです。

なので、怒っている人間に理詰めすることは理にかなっているというものです。

 

接する人間によって態度・言う事を変える人間

簡潔に言うと、調子のいい人間ですね。

Bさんとしましょうか。

 

Bさんは遅刻した後輩に対し、

Bさんより年下の後輩に対して長時間叱り、

Bさんより年上の後輩に対しては「気をつけてください」の一言。

長時間叱られた後輩はたまったもんじゃないですよね?

 

私は実際に叱られた後輩から

「Bさんって人によって言う事違いすぎじゃないですか?」

と、その出来事について聞かされました。

 

このような人間は、実は気が弱い人間が大半です。

過ちを犯した人間を是正する為に叱るのでは無く、

自分が叱りたいが為に叱るタイプの人間です。

自分が完全に制御出来ると思った人間にしか、

長時間説教できません。

 

このような人間に対しては、そのまま事実を言ってあげればOKです。

「人によって言う事違うのは何故ですか?」と。

基本的には暴君の時と同じ対応ですね。

「問い詰める」事をすれば良いです。

 

「うわ…こいつ、やっかいだな」と思わせればもう終了です。

もう二度と長時間の説教などしてきません。

 

私が後輩に↑の事を勧めたところ、Bさんは黙ったそうです。(笑)

 

職場の人間関係なんて真面目に考えるもんじゃない

私は今まで述べた事を職場でやっていると、

「それはお前がもともと角がたっているからだ」

「おまえのキャラだから出来る事だ」

「そんな事本当にやるんですか!?」

など言われますが、関係ないでしょ(笑)と思います。

 

職場でうまくやっていくには、

①実力があること

②周囲からなめられないこと

があればそれなりに楽しくやっていけます。

 

現に、私はリーダーとして好き勝手やっています。(笑)

 

人間関係なんていつまでたっても白黒つかないですから、

深く考えるのは時間の無駄です。

あなたも少しでも「嫌な先輩」を撲滅してみてください。

スポンサーリンク