人に好かれる人は決まっている。ある行動をするかどうかだ。

【心理】人間関係

好感
学校や職場での悩みの多くを占める人間関係、

誰でも一度は悩んだことはあるはず。

 

どうしてあんなに話せるんだろう、

なんでいつも周りに人が集まるんだろう、

どうしてみんなに好かれるんだろう、

私はなんであんな風にできないの?

なんて思った事ありませんか?

 

私も話題の中心にいて楽しそうに話している人を

何度羨ましいと思った事かわかりません(笑)

 

誰でも好かれる人になりたいと思うのは普通の事です。

体調を崩してしまうほど悩んでる人がいる中、どうしたら人に好かれ,

円滑なコミュニケーションが取れるのか、知りたい方も多いはず。

 

今回は好かれる人、好かれない人の違いや私の経験した事を交えて、

改善する為の対策をお話したいと思います。

参考にして頂けたら嬉しいです。

 

関連記事:「人を喜ばせる&自分を好きにさせる4つの明確で簡単な方法」

関連記事:「【恋愛&ビジネスに超強力】会話力を上げる「聞く」の5原則!」

 

スポンサーリンク

好かれる人とそうでない人の比較

好かれる人

・挨拶がちゃんとできる

・清潔感がある

・相手の話を聞ける

・​ さりげない気配りが出来る

・暗い顔をしない

・ネガティブな事を言わない

・相手を思いやることが出来る

・ハキハキ喋る

・堂々としている

・ありがとうと言える

好かれない人

・挨拶がなんとなく会釈

・身だしなみが整っていない

・自分の話が中心

・気付いても知らんぷり

・下を向いて顔を隠してる

・基本人の悪口

・人の失敗を笑う

・声が小さく聞き取りづらい

・自信がない

・素直にありがとうが言えない

 

私が今まで接してきた人達での両者の違いはこの通りでした。

両者共に大体共通していました。

好かれる人というのは、外見から好感を持てました。

すごくオシャレだとかじゃなく、季節感や清潔感を大事にした様な、

その人に合った服装をしていました。

 

人間中身だろ!なんて思っていても外見は大切です!

第一印象が悪いと話をするキッカケがなくなってしまいます。

身だしなみもそうですが、

私が好印象を持った人達に共通していたのが、「顔」でした。

 

可愛い、かっこいいとかじゃないですよ(笑)

いつも笑顔なんです。クシャっと笑うんです。

これは好感もてるわと思いました(笑)

無表情で少しうつむいて話されるより、

笑顔で話ができるとこっちも笑顔になりますよね。

 

話す時も相手に自分の声がちゃんと聞こえる様な丁度いい音量で、

「え?なに?」ってならない様な話し方をしていました。

性格面での違いは、私はそれ程あるとは思えません。

おとなしい性格の人でも好かれる人はいましたし、

明るい性格の人でも好かれない人はいました。

 

自分が相手にどんな印象を与えているのかに気付けるか気付けないかが

大きな違いだと私は思います。

 

私は今の職場に初めて来た時、好かれない人の特徴だらけの人間でした(笑)

馴染むことができず誰とも関わらない様に、話しかけられても、

「そうですね」「あ、はい」「へぇ」なんてスカしてたら

付いたあだ名が「ナルシスト君」でした(笑)

ひどくないですか!?

自分の事をなにも知らないくせに!なんて頭にきました。

 

同時に悲しい気持ちにもなったんです。

自分って人からそんな風に思われてたんだ・・・

自分の中でそんなつもりなかったのに・・・

なんでだろう・・・

 

でもそれがきっかけで思ったんです。

自分から相手に興味を持って接していなかったし、

自分の事、何も相手に伝えてなかったな、

それじゃあ分かってくれるはずないなって。

少し自分を変えてみようかななんて思いはじめました。

 

好かれる人になる為に

好かれる為にどうしたらいいのか考えました。

もともとは明るい性格だったのですが、

小学校の頃にすごく仲の良かった友人がいたんですが、

その友人にある日突然嫌われたんです。

衝撃でした。

なにも悪い事してないのに。

 

それ以来人の顔色を伺う様になり、

人に好かれようと愛想笑いなどして嫌われないように

必死に振舞っていましたが、人の心に飛び込む”嫌われる勇気”がなく、

引っ込み気味な性格になっていき、

あまり好かれる様な人ではありませんでした。

大人になるまでそんな感じでした。

 

そんな私でしたが、

職場でのナルシスト君という印象を変える為になんとかしようと、

私は挨拶から始めました。

”幸せになる勇気”を少しでも出そうとしました。

 

怖かったです。

返してくれなかったらどうしようって(笑)

最初は相手は「え?」みたいな感じでした。

もちろん返してくれない人もいましたけど、

毎日継続してるうちにみんな返してくれる様になりました。

 

挨拶するとそこから会話が生まれる事に気付き、

何気ない一言を足していきました。

「おはようございます!今日は暑いですね!」みたいな感じで。

そしたらだんだん印象が変わっていき、

「そんなに喋る人だと思わなかった」なんて言われるまでになりました。

 

私は特別な事はしてません。

ただ挨拶をするようにして会話のキッカケを作っただけなんです。

自分の話、相手の話、自然体で対応しただけです。

そして思ったんです。

あれ?昔と違うぞって。

 

昔は好かれよう好かれようと必死でしたが、今回はそうではなかったんです。

嫌われてる状態からのスタートでしたので、何も考えてませんでした。

今私は同じ職場の人とプライベートでも

グループで旅行に行ったりご飯を食べに行ったり、割とその中心にいます。

 

後輩達からもいろんな相談をよく受けます。

そんな風になれるなんて全然考えてませんでした(笑)

人に好かれる為には、好かれようとしない。

自然体の自分をわかってくれればそれでいい。

私の場合はそう思う事で克服できました。

 

もちろん誰からも好かれてはいませんが

もともと100%好かれる人なんていないと思ってますから気になりません。

だから、私は結構満足してます(笑)

 

異性に好かれる人

だいぶ私の話が続いてしまいましたが(笑)、

男子に好かれる人と女子に好かれる人の違いって何だと思います?

 

男子には印象が悪いけど女子には印象がいいとかよく見ますよね。

私はそういう人って結局どっちからも好かれないと思うんです。

だって、異性にしか好かれないって、

男だったら女好き、女なら男好きっていう悪い印象が付くじゃないですか。

私は、同姓に好かれる人って結果どっちにも好かれるんじゃないかって思います。

同姓に友達が多い人っていうのは

お互いに羨ましいと思うポイントじゃないですか。

やっぱりどこかで、

「同姓に信頼される人はいい人」って思ったりしませんか?

私はそう思います。

 

私の場合、異性と接する時は無意識に構えてしまいます。

そんな時、相手が同姓に好かれてる人なら心の壁がなんとなく薄いような気がします。

これって印象がいいからだと思うんです。

それに友達が多いということは

人との接し方を無意識に身に付けてるということです。

人と関わる時間が多ければ自然とそうなりますよね。

逆に同姓にあまり好かれない人なら

その心の壁は厚くてある程度距離をとり、

あまり接したくないと思っちゃいます。

 

こんな風に私の様な印象の受け方をする人もいるので、

同姓に好かれるって大切なことだと思います。

そんな人って、羨ましいですよね。

 

最後に

ここまでお話してきた事をまとめると、

「人に好かれる人というのは好かれようとせず、

男女問わず接する相手に好印象を与えることで、結果的に好かれる人になっている」

のが私の考えです。

 

好かれていないかもと思ってる人でも、

自分の印象の与え方を少し変えるだけで状況は変わると思っています。

最初は怖いですが、相手が最初思う事というのは、

「あれ?ちょっと変わった?」って程度です。

自分が変われば周りも変わります。

 

人の目を気にしていてはせっかくの自分の個性を潰しかねません。

人との関わりは避けては通れない事。

どうせならお互いに楽しく過ごしたいですよね。

スポンサーリンク