人を動かす時にやってはいけない&やるべき1つの事

【心理】人間関係

人を動かす

人間関係の中で、悩みランキング上位にあるのは、

言う事を聞いてくれない、

つまり、”自分の思ったとおりに人が動いてくれない”が、

あると思います。

 

会社、学校、家庭の中で、

・上司が部下に対して行う命令&アドバイス…

・先生が生徒に対して行う教育&指導…

・親が子供に対して行う教育&躾…

という感じですね。

 

実は”人を動かす方法”っていうのはある程度決まっています。

誰が行おうと変わりません。

なぜなら、人間の体の構造は誰であろうと変わらないからです。

 

スポンサーリンク

やってはいけない1つの事

人に何かを教えたり、人を動かそうとする時に、

やってはいけないことは、

ほとんどが”こっちが話すこと”です。

相手の事を考えずにしゃべりすぎる、

押し付けが過ぎる。

 

人っていうのは基本的に、

嫌な命令や押し付けの類、

否定の言葉は受け取り拒否するようにできています。

自慢話や過剰なアピールを、

喜んで聞く人はあまりいないと思います。

押し付けだからです。

こういうものを受け取ると、

人間はストレス系の脳内麻薬が出るようになっているので、

どう足掻こうとダメというワケです。

 

理詰めで正論で話そうと、

相手を否定している場合は結局は同じことです。

おそらく、相手は聞いてもないし、納得もしていないでしょう。

 

私の職場に罵声を浴びせたり、

恐怖で部下を統制している上司がいます。

一応、恐怖で相手は従わせることは可能です。

まあ、当然相手は上司を恨んでいることでしょう。

このやり方では、

報告&連絡&相談の際に少なからず支障が出るし、

やられたほうはストレスが溜まることになります。

実際、”こんなことを報告したら怒られると思ったから報告しなかった”

という人間を会社で見かけたことがありますしね。

 

やるべき1つの事

やるべき事はやってはいけない事の反対になります。

つまり、”相手に話させること”です。

相手を理解することです。

 

例えば自分の思う通りに動かない人間がいるとして、

なぜその人は動かないんでしょうか?

その理由をあなたは知っているでしょうか?

あなたも何か理由があるから、

相手に対して指示や指導をするワケですよね。

知らないのに相手を否定して”あれやれ、これやれ”って

言ったところで、相手からしたら恨み以外の感情は持たないと思います。

 

思うとおりに動かない人には、

動かない理由があります。

怠慢だろうが、体調の都合だろうが、

何か事情があるから動かないワケですよね。

それらはこっちが考えているような単純な理由でない場合が多いので、

10人いたら、10人違う理由があると考えたほうがいいでしょう。

 

だから、相手の思っている事を全て吐き出してもらうのがいいんです。

それを聞いてから理解&肯定&共感をして、

相手にこっちの思惑を理解してもらうことがポイントになります。

できる限り自分の感情を抑えたほうが良いです。

”人を動かすこと”が目的なので、

自分の感情をいれると話はややこしくなります。

まあ、あまりに意味不明の人間の場合、

話は別ですが…。

 

そして、褒めたりすることで、

相手にいくつかの選択肢を与え、

こっちから強制的に動かすのではなく、

相手に自発的に動いてもらうことが一番良いです。

 

自分に置き換えてみたらよく分かると思います。

延々と正論を言われ続けたり、

だらだらと怒鳴られ続けられる方がいいのか、

自分の話を全て聞いてくれた上で、

”自分がどうしたいか”を聞いてくれる方がいいのか、

すぐに分かりますよね。

 

最後に

今まで話したことは、

友人の日常会話等でも当てはまることがあります。

押し付けはあかん、ということです。

 

つまり、普段から自慢話やアピール、自分の話が多めの人は、

少なくすることで相手の反応が変わるかもしれません。

自分の話に関しては、”全くしない”というのも問題ですが、

自分の経験上、自慢話やアピールはされて良かった記憶はないですねー。

あなたはどうでしょうか?

 

ぜひ、間違った教育&指導をせず、

人の話をきけるような人間になってくださいね。

 

スポンサーリンク