強すぎる&強い責任感の特徴。信用を得るはずが!?

【心理】人間関係


会社仕事において、責任感が強い人と聞いてどんなイメージを持ちますか?

仕事ができる、信頼できる、何でも完璧に出来そう、など、

社員みんなに頼りにされる存在、私はそんなイメージを持ちます。

私の職場にもそんなリーダーの様な人がいますし、実際頼りにしています。

 

ですが、その責任感、強いだけならいいのですが、

強すぎるとなったらどうですか?

なんだかイメージが変わりますよね。

「もう少し肩の力抜いた方いいんじゃない?」

なんてことを言われた経験がある方も少なくないはず。

 

スポンサーリンク

責任感が強い人の特徴

・真面目

・報告、連絡の頻度が多い

・自分の考えをしっかり持っている

・与えられた仕事は最後までやる

・時間をきっちり守る

・自分の意見を言える

 

上記の様な特徴を持つ人に責任感が強い人は多いようです。

キッチリしてますね(笑)

まさしく理想の社会人像です(笑)

 

でも、この特徴、一見すごいと思いますけど、

これらが全ていき過ぎてしまったらどう思いますか?

 

真面目過ぎて冗談も通じず、ちょっとした連絡も頻繁で、

誰よりも早く出社して誰よりも早く仕事を始め、

自分の考えを押し付ける様にバンバン言って、仕事を終えるまで残業する・・・

・・・地獄じゃないですか!!

 

さっきまで印象が良かったのにこうも息苦しい事になるなんて!

私はこんな人になりたくありません・・・

そもそもどうしてこんな風になるんでしょう?

 

強くなりすぎるのはなぜ?

仕事ではありませんが似たような経験があるので少し私の話をさせて下さい。

 

20代の頃、4人でロックバンドを組んでいてギターボーカルをやっていました。

もともと私が音楽について他のメンバーより詳しかったのでリーダーとなり、

練習の内容やバンドの方向性を考えていました。

 

演奏する曲は全てオリジナルで、作曲は最初は4人でしていました。

好きなアーティストがギターボーカルが作詞作曲を担当していて、

憧れからか、いつしか同じギターボーカルの自分が作って歌わなければならないという

勝手な使命感に襲われて1人黙々と作曲するスタイルになってしまいました。

 

自分しかできない。

任せるわけにはいかない。

他のメンバーでは作れない。

と思い込み、メンバーを信頼する事が出来ず全て自分でやりました。

次の練習までに準備していかなければ練習にならない!

出来なかったって言いたくない!

リーダーなのに!

自分しかできないのに!

こういった自分勝手な責任感のせいで自分を追い込みすぎてバンドが嫌になり、

解散してしまいました。

 

もちろんメンバーも楽しくなかったみたいです。

「ごめん、一人じゃきついから手伝って」

って言えば良かったのになって今になって思います(笑)

 

話を戻しますと、

もともとの性格が影響しているのも大きいと思うんですが、

一番は責任感が責任感じゃないものへ変換されてるんじゃないかと私は思うんです。

 

「この仕事は自分にしかできない、だから自分でやらなければならない!」

と頑張るのは良いと思うんですが、

これって責任感ではないんだと思うんです。

自分しか出来ないってのは傲慢に等しいです。

 

自分への周りの期待が自分の中でいつしか重荷になり、

周りの助けを求めることすらもダメなことと認識してきてしまって

自分でやり通さなければならないという勝手な思い込みだと思うんです。

 

この文章を読んでる方の中にもこのような経験した方もいるはずです。

自分では気付けなかった周りの反応はどんなものだったのか。

 

どんな風に見えてた?

自分のスタイルが完璧だと思ってやっていても周りの反応は実は違います。

 

「また一人で突っ走ってるよ・・」

「めんどくさいから言われたことをやろう・・」

「本当は違うやり方のほうが効率がいいのに・・・」

「話しかけずらいから距離をとろう・・・」

 

こんな風に周りへの被害として、マイナスな影響を与えています。

責任感が強すぎることのデメリットとして、

自己中心的で協調性の無い人と認識されてしまいます。

 

どうしたらいいの・・・

すごく悩みますよね。

私もメンバーの為にやっていたことが

逆に苦しめてしまっていたと気付いた時はショックでした。

このままではバンドだけでなく、違う場面でも同じ失敗をしてしまう・・・

 

私は考えました。

そして、緩和する為にとった行動が、すごくシンプルなものでした。

 

責任感が強すぎることを治す・改善

私がとった行動は、​ 頼る事​ことでした。

シンプルですよね(笑)

でも、この「頼る」ということが今まで本当に出来なかったんです。

「頼るぐらいなら苦しんだ方がマシだ!」ぐらいに思ってました。

 

怖かったんです。

弱さを見せる勇気が無かったんです。

でも、本当に弱いのは自分、弱さを見せて何が悪い!

と自分に言い聞かせて、出来ないと思った時は人に頼る様に、

自分で抱え込まない様に心がけました。

 

すると、あっさり引き受けてくれたんです。

みんな。

拍子抜けしました(笑)

なんで今までできなかったんだろうって(笑)

 

しかも、一人でやるより達成感があるし、

人と関わる機会も増えて、

前の様な抱え込んで苦しむという事もだいぶ少なくなりました。

それどころか、

「あ、こいつ今悩んでるな」

なんてことも気付いたりします(笑)

 

私はそんな時は、

その人が一人になるのを見はからってこっそりと話しかけに行きます。

自分がそうだったからなんとなく分かるんですが、

責任感が強すぎる人って人前で怒られたり、

弱みを見せたりするのを人一倍嫌うんですよ。

 

だから、責任感が強すぎる人の対処として一人の時を狙います。

「何か手伝える事あったら言っていいんだよ」

って一言で充分です。

これを繰り返してるうちに心を開いてくれました。

 

ケースバイケースですが、人間はノってる時は周りの話を聞きません。

特にに責任感が強すぎる人は。

その時に押し付けられたら通り雨の様なものと思うしかないと思うんです(笑)

 

でも、落ち込んだ時はめちゃめちゃ心に響きます。

私は一言で泣いてしまった事もありました (笑)

もともとの性格上、

責任感が強すぎるのは治るのは難しいかもしれませんが、

そうならない様にコントロールする事は出来ます。

 

もし自分もそうかもしれないと思ってる方がいたら、

周りをもう一度良く見てみては。

周りの人って見てない様でものすごく見てます。

だから辛い時もお見通しなんです。

強がらず頼る、とっても大切だと思いました。

 

最後に

責任感が強いのは基本良いことです。

ですが、​ 強くなりすぎると様々な感情に変化し、

いずれは身を滅ぼす諸刃の剣ということを忘れないで下さい。

 

出来ないことがあって当然です。

自分なんてそんなもんだとドンと構えている方が楽です。

人間、どこか足りないぐらいの方がいいですよ。

完璧なんてつまんないです。

自分にないものを周りの人はたくさん持ってます。

だから助けてもらうんです。

一緒に背負ってもらうんです。

弱さを見せることも強さです。

なんでかんでも抱えこまずに、

ちょっと疲れたなと思う時は肩の荷を降ろしてみては。

一休みも悪くないですよ♪

スポンサーリンク