ストレス完全0へ…スルースキルを身につけて自分を守る方法とは??

【心理】人間関係

スルースキルの習得
スルースキル”という言葉を知っていますか??

他人からの誹謗中傷を、

軽く受け流すスキルのことです。

SNSはもちろん、

家庭や仕事、学校など、

他人からに批判されるとストレスも倍増…。

 

そんな時は我慢せずにスルー!

心が軽くなるための

“スルースキル”の身につけ方を紹介したいと思います!!

 

スポンサーリンク

ストレス我慢していませんか?スルーが苦手な人の特徴3つ!

批判されても、中傷されても、

我慢していませんか?

それはあなたがスルーせずに

我慢しているからかもしれません!

当てはまった人は注意してみて下さい。

 

スルーすることが苦手な人の特徴を3つ紹介します!

 

1.自分に自信がない

2.頑張り屋さん

3.周囲に同調する

 

“それがスルースキルと関係あるの?”

と思った人もいるかもしれません。

これが大いにあるのです!

私の経験も交えながら、

もう少し詳しく紹介してみますね。

 

1.自分に自信がない

自分に自信がない人は

他人から非難されると落ち込みやすいです。

また、自信がないから自分を大きく見せたがる人もいます。

どちらも“他人からの否定”に過剰に反応してしまいます。

“反応してしまう=スルーできない”

 

ちなみに私は自分に自信がなく、

“私なんてどうせ…”

と落ち込むタイプなので、

これに当てはまります…。

 

仕事の書類作成が上手くいかず、

何度も作成し直しても、

その度に『なんかしっくりこない』と言われ、

結局提出期限ギリギリになってしまったことがあります。

ギリギリになったことや、

何度も訂正してくれたことが申し訳なく、

ものすごく落ち込んでしばらく立ち直れませんでした…。

 

2.頑張り屋さん

気を配りすぎて頑張りし過ぎる人も当てはまります。

“最善策は何だろう?”

“私が頑張って何とかしなくては!”

と、常に自分で解決しようとする頑張り屋さんは、

知らず知らずにストレスを

溜め込んでしまいがちです。

 

私も家庭の問題に対して

“私がどうかしないといけない!”

と任されっぱなしで、

“どうすれば一番良いのか?”

を常に考えていました。

しかし気づいたら孤独な闘いで、

頑張りすぎてストレスに押しつぶされるハメに。

頑張ることは良いことです。

しかし頑張り“すぎる”人は、

ストレスに押しつぶされるハメになるので要注意です!

 

3.周囲に同調する

友だちや上司など、

身近にいる人に同調ばかりしていては、

ストレスを溜め込む一方です。

 

自分の意見は置いておいて、

相手に同調することで

“安心感”を求めている人が多いです。

繋がっていないと不安、

見捨てられないかという恐怖を

常に感じてストレスが溜まり、

そこから抜け出せずにいるのです。

 

私の友人も身近な人に同調するタイプで、

“繋がることに疲れた…”

“同調できない自分はダメだ…”

と悩んでいました。

決して全て繋がる必要や

同調しなければいけないなんてことはありません!

 

私の経験からもわかるように、

私自身“スルースキル”はかなり低いです…。

真正面から受け止めて我慢するタイプです。

まずは自分のスルースキルが高いのか、低いのか、

それを知ることも大切なので、

ぜひ参考にしてみて下さい!

 

スルースキルを身につけるメリットとは?

スルーすることが苦手な人はストレスも溜まりやすいです。

“今まで通り我慢すれば済むこと”

と思っていたら危険です!!

そのためにもまず、

スルースキルを身につけるメリットを3つ紹介します!

 

1.精神的なバランスがとれる

2.人間関係で衝突しない

3.本質を見極めることができる

 

もう少し詳しく紹介してみますね。

 

1.精神的なバランスがとれる

“頑張って立ち向かわなければ”

という使命感に縛られ過ぎていると、

ストレスだらけで精神的に疲れきってしまいます。

まさに“ライフポイント0状態”になってしまう危険が!

 

私は持ち帰りの仕事が多く、

“より良い物を作ろう”と頑張り、

連日徹夜は当たり前。

母からは『寝ずに仕事するくらいなら辞めちまえ!』と

毎日罵声を浴びせられていました…。

 

新人の頃の話ですが、

仕事に対しても無駄な力を抜くことができず、

母からの罵声を受け止めて、

ライフポイントは0どころかマイナスな時期がありました…。

 

こんな時にスルースキルを身につけていたら

無駄なことを考えず、

批判の言葉も右から左へ受け流すことができていたと思います。

スルースキルを身につけることで気にすることもなくなり、

精神的にも安定できるメリットがあるのだと本当に感じます。

 

2.人間関係で衝突しない

スルースキルを身につけることで、

“売り言葉に買い言葉”で

収拾がつかなくなることが無くなります。

反論し合うとトラブルを引き起こす原因にもなりますからね。

そしてスルースキルがあるおかげで

人間関係での衝突がなくなり、

人に対して好き嫌いなく、

誰とでも接することができるようになることも!

そんな円満な人間関係が良いですよね!

 

3.本質を見極めることができる

スルースキルがあることで、

余計なことは無視することができ、

自分に不必要な情報は排除していくことができます。

そのため自分のことに集中できるようになりますよ!

 

そして“本当に大切なこと”

つまり“物事の本質”を見極めることができます。

情報が溢れかえっている世の中。

本質を見極める力は大切です!!

スルースキルを身につけるメリットは重要なことばかり。

生き辛さやストレスを感じずにいられたら素敵なことですよね!!

 

スルースキルを身につける方法とは??

スルースキルの習得は

決してハードルが高くもないし、

夢物語でもありません!!

スルースキルを身につけるために、

その方法を6つ紹介したいと思います!

 

1.感情的にならない

2.深く考えすぎない

3.何が最優先かを考える

4.大人な対応を心掛ける

5.自分のことを理解する

6.自分を否定しない

 

分かり易いようにもう少し詳しく説明してみますね。

 

1.感情的にならない

批判されても一度グッとこらえてみて下さい!

一旦一歩引き、

冷静になる時間を作ることが大切なポイント。

意識して感情を抑えるようにすると、

客観的に状況を判断する余裕が生まれます。

感情的にならず、

余裕を持って対処することで、

“怒る”“落ち込む”といった無駄な力もいらなくなるので、

ストレスも減っていくと思いますよ!!

 

私は落ち込んだらどん底まで落ちていくタイプなので、

“落ち込むこと”をスルーできれば、

“どん底から這い上がる”という、

”ストレスがたまるを作業”をする時間もなくなり、

気持ちに余裕を持つことができると感じます。

 

2.深く考えすぎない

“相手の言葉には裏側があるはず”

“どういう意味で言ったのだろう…”

と過剰に考えすぎてはいけません!

考えれば考える程ネガティブになり、

頭を抱えるまでずっとマイナス思考で考え続けてしまいます。

それってしんどいですよね?

ストレスも一気に溜まってしまいますよ。

 

意外と相手は深い意味を込めて喋っていないケースがほとんどなのです。

考えすぎてボーっとしてしまっても、

ネガティブ思考のままですから、

時間も労力ももったいない!

手足を動かして運動したり、

仕事や勉強に集中したりすることで、

マイナス思考が入り込む隙を与えないようにしてみて下さい!!

 

私は体調を崩し、

しばらく仕事を休んで自宅療養をしたことがあります。

一人暮らしだった為、

ずっと部屋で独りぼっち。

そういう環境にいると本当に

マイナス思考にしかならなかったです・・・。

 

“私の仕事のポジションなんてない…”

と卑屈になったり、

平日に日中働かない自分が

世間様に申し訳なくて情けなくて、

自分をとことん責めたり…

とネガティブになり、

ゴミ捨てさえも行けなくなるまでになった時期がありました。

 

医者からOKが出て、

仕事復帰すると仕事に集中するので、

そこまでのマイナス思考でなくなり、

普通にゴミ出しにも行けるようになりました。

今思えば深く考えすぎて負のループになっていました。

経験したことがあるので、

これは本当に大切なことだと思います!

 

3.何が最優先かを考える

“今何を最優先するべきか”

を考えてみるのも良いです。

きっと優先順位をつけた時に、

“批判されたことに対して怒ったり悲しんだりする”項目は、

結構下だと思います。

 

それよりも優先すべき仕事や家事や勉強が上位にきませんか?

優先するべきことに力を入れることで、

スルーすべき余計な情報がわかり、

惑わされることもなくなるでしょう。

 

会社で先輩が悪い噂話で盛り上がっている所を見て、

“どうしてこんな話で盛り上がれるのだろう…”

と、しばらく何も手が付けられず、

悶々としたまま時間が過ぎていったことがあります。

それも“余計な情報”として

“悶々とすることよりもまずご飯食べて仕事する”

と順位をつけていればよかったと思います。

優先順位をつけて取り組むことは大切なことですね。

 

4.大人な対応を心掛ける

誹謗中傷してくる相手のことを

心の中で『この人は幼稚な人だな』と

憐れんでみることもおススメです。

心の中で思うことは自由です!

 

“こんなことで怒って可哀そうな人…”と

心の中で見下すことも自由です!

このように思考を少し変えるだけで大人な対応ができ、

器が大きい人でいることができますよ!

 

分かりきったことですが、

“自分の心の中でだけ思うこと”口に出した途端、

更に言い合いが過激化することは目に見えています。

その点だけは要注意ですよ!

 

また、“大人な対応”は、

真正面から受け止めて

真摯に対応することも確かにそうですが、

これではスルースキルが身につきません。

 

私はこのタイプで、

“どうしようもない父親を更生させてあげなければ!”と

孤軍奮闘した結果、

父も少しは分かってはくれましたが、

私の精神のすり減り方が異常なまでに半端なかったです。

同じ“大人の対応”でも私みたいにすると

“逆効果”なのでその点も気をつけて下さいね!!

 

5.自分のことを理解する

自分で自分のことを理解しておくことも大切です。

自分の嫌な感情(されて嫌なことやストレスを感じることなど)、

自分が好きなことやしたいこと、

大切にしている事や人、

一番幸せを感じる時など、

自分に関することを書き出して

整理してみることは良いことです!

 

整理してみると“自分の軸”を理解することができます。

“自分の軸”に対して批判の言葉が

“どうでも良いこと”と判断すれば、

スルーすることができます。

そのようにして対応を変えていくことができるので、

一度“自分の軸”を見つけることをおススメします!!

 

その時に“自分の軸”をぶらさないことを忘れないで下さいね。

芯の通った、

“自分の軸”を持った友人がいましたが、

お互い社会人になってから遊んだ時に

『上司に散々言われて自分で自分がわからなくなってきた』と

相談してくれたことがありました。

 

“自分の軸”がぶれてしまい、

自分を見失ったそうです。

そうならないためにも

“書き出して残しておく”作業は、

面倒で大変だと思うかもしれませんが重要なのですね。

 

6.自分を否定しない

批判されたり怒られたりすると、

“もっと自分が頑張らなかったから”

“努力が足りなかった私のせい…”

“ずっと徹夜でしたのに!!”

などと自分に対して嘆いたり、

相手に対して怒ったりして心が疲れてしまいます。

 

そこで大切な魔法の言葉、

《しょうがない》を頭の片隅に置いておきましょう!

“これだけ頑張ったから《しょうがない》よね。”

“できるだけの努力はしたんだから《しょうがない》か!”

“徹夜するまでやったんだから《しょうがない》”

などと、《しょうがない》と思うことで、

悲しみや怒りをスルーすることができ、

“次に活かそう!”と前向きになれますよ。

 

ネガティブになった時こそ

浮かぶ言葉に《しょうがない》を

つけ加えてみて下さいね!!

気持ちが楽になりますよ。

 

“スルースキルを身につけるぞ!!”

と意気込んで、

一気に変えようとすると、

それもまた疲れてしまいますよ。

 

6つの中から1つずつ、

出来そうなことからゆっくり始めてみて下さい。

“身につけることがストレス”になってしまったら本末転倒ですよ。

 

まとめ

ストレスを軽減して、

人間関係をスムーズにする“スルースキル”。

ぜひ身につけたいですよね!

 

①“自分よりも他人”な思考で我慢しすぎる人は

スルースキルを身につけるべし!

 

②スルースキルには人間関係もよくなり、

物事の本質を見極めることができ、

精神的に安定するメリットが!

 

③スルースキルを身につけるためには、

自分の軸を持って冷静に判断し、

自分を褒めるなど6つのポイントをチェック!

 

“スルー=無視”なのではなく、

自分を守る重要な“スキル”なのです。

 

私もスルースキルが低いので、

我慢してストレスが知らぬ間に

どんどん蓄積されて息苦しい気持ちはよくわかります。

ストレスから身を守るためにも

少しずつ自分のペースで

“スルースキル”を身につけていきましょう!

気負わずにのんびりとしていきましょうね。

スポンサーリンク