【実践あり】心理学で嘘を見破る?相手は人間だからバレる

心理学

嘘・・・見破りたいですよね。

他人が何を考えているのか知りたいと思った事はありませんか?

私は当然あります。

なんとなく嘘をつかれたくないというのもありますし、

他人が何を考えているのか分からないから怖いというのもあります。

分からないことは怖い事だから。

 

人間は嘘をつく生き物です。

一説によれば、週に2回程度は嘘をつく様です。

嘘をつく理由としては、「自己利益」の為や「協調性」の為などと言われています。

・・・それにしたって、人間がつく嘘は残虐性が高い気がする。

不思議。

 

心理学で嘘を見破れるかって話なんですが、可能です。

人間は「表情」・「行動」・「言葉」などなど、無意識にサインを発しています。

それらを観察して嘘を見破るわけです。

その「サイン」についてこれから話していきます。

 

スポンサーリンク

嘘つきの行動パターン

①目の動き

これは聞いたことある人多いかもしれません。

 

まず、脳の神経は左右交差されている為、

右脳で考えた事は左半身に反応が出やすい。左脳はその逆ですね。

それぞれの脳の働きを簡単に説明すると、

右脳は「記憶」を司り、左脳は「創造」を司ります。

 

つまり、目が右上へ動いた場合、「左脳を使っている=創造している」

ということになります。

会話中に目が右上へ動いているのは、、

話を新たに創造している可能性が高いということです。

 

逆に、目が左上へ動いた場合は過去に経験した事実に基づいて

話している可能性が高いということになります。

 

ちなみに、

目がうろちょろしている人は軽いパニック状態ですね。

緊張がマックスなので、そっと見守りましょう。

 

②行動

嘘をつく時って、嘘がばれないか不安になったり、緊張したりしますよね?

人間は不安・緊張な状態になった時、普段と違う行動をとります。

 

どのような行動をとるかというと、

人間は突然緊張状態になった時、身体の動きを停止します。

 

仕事場でカタカタとパソコンで仕事をしている最中に、

突然上司が誰かを怒鳴りつけた時、その仕事場には不安と緊張が張り詰めますよね?

そんな状態の中、

かまわずカタカタとパソコンで文字を打っている人間はいないですよね?

ほとんどの人間は作業を止め、しばらく固まるはず。

 

また、嘘をつく人間は身体の動きが少なくなります。

嘘だと悟られない様、

本能的に自分から行動から出る「情報」を出さないようする為です。

 

「冷静になろう、平静を装おう」と思ったことありませんか?

そう思っている時点で、

自分の今の状態と、他人に見えている状態に矛盾が発生している、

つまり、嘘をついていることになるんですね。

 

③会話

会話している時の話です。

こちらが話した事に対し、返答するまでの時間がこれまでより増えたり、

感動詞がやたら増えたりすると嘘をついている可能性が高いです。

感動詞の例)あのー うーん えー えーと まあ

 

「心理学で嘘を見破る」を私が実践してみた!

というワケで、実際に私は会社の仕事中に、

会社仲間に「目の動き」に着目して試してみました。

 

実験① 対象者:29歳 男 Kさん(先輩)

私は作業中、唐突に「Kさん昨日何食べました?」と聞きました。

私とKさんは普段こういうベタベタの世間話などはしておらず、

(普段は今の仕事がどうすればもっと良くなるか、などを議論しています。)

突然だということもあって、最初は怪しんだ表情をしていました。

以下そのときのやりとりになります。

 

私「Kさん昨日何食べました?」

Kさん「何いきなり。」

私「いいからいいから、で、昨日何食べたんです?」

Kさん「理由言えよ。お前そんなこと聞いてくるようなやつじゃないだろ?」

私「ああー、私こういうこと聞く奴なんですよ。」

Kさん「まあいいけど…。昨日はなー…牛丼と餃子だったな」

私「ふーん…(目の動きを観察中)」

Kさん「ふーんて…お前それだけ?」

私「そうっすよ」

Kさん「俺にそんなこと聞いてくる奴お前が初めてだわ」

私「良かったすね。聞いてくれる人がいて」

Kさん「うるさいわ。で何なんだよ?」

私「いや、聞いて欲しそうだから、聞いてあげようと思って」

Kさん「何なんだよ!言えよー!」(笑いながら私の胸倉を掴んで揺らしてくる)

 

ここで私はKさんにネタばらし。

Kさんの目の動きの結果ですが…

実はこの人、目が真上に向いていました(笑)

実験になってない(笑)

 

私は思わず「使えねーな」と小声で言ってしまい、

それをKさんに聞かれ、頭をぶん殴られました(笑)

 

実験② 対象者:35歳 男 Tさん(後輩)

次は年上だけど社歴は私より下の後輩Tさんにて試しました。

ちなみに、この人はとても礼儀正しくて、素直なおじさんです。

Kさんとは大違い。

 

さて話した内容ですが、話の入りは一緒です。

 

私「Tさん昨日何食べました?」

Tさん「昨日ですかー…。コンビニ弁当ですね」※Tさんは1人暮らし

私「そうですかー。なるほどー。」

Tさん「え??それだけですか?」

私「はい。Tさんは昨日何食べたんだろーなぁと思って。」

Tさん「そうなんですか(笑)

てっきり1人暮らしのおっさんがちゃんと食べてるか心配されてるかと思いました(笑)」

私「いやいや、そんなんじゃないですよ(笑)」

 

その後、話の流れでTさんが私に「1人暮らしなんですか?」って聞いてきて、

話が予想外に盛り上がっていったので、ネタばらしせず終わりました。

 

実験結果は…Tさんは思考しているときに目が右上を向いていた!

満足しました(笑)

 

以上が私が実際に行った実験結果です。

やっぱり一つの体のサインで100%判断することは難しいと思われます。

しかし言い換えれば、様々なサインを見れるようになれば、

限りなく100%に近い確立で見破ることは可能にも思えます。

あなたもぜひ実践してみてくださいね。予想外に面白かったし(笑)

 

人間が嘘をつく事

ここまで書いて、こんな事言うのもなんなんですが、

私は普段から嘘を見破る必要はないと思います(笑)

明確な悪意がある嘘とかは別ですが。

 

知らない事がしあわせな事もありますからね。

相手が自分の事を思って嘘をつく事だってありますよ。

 

普段から嘘を見破ろうと躍起になって、疑心暗鬼に陥ったら

息苦しく生きることになるかもしれません。

 

という訳で、嘘を見破るのはほどほどに!

スポンサーリンク