勉強・仕事・子育てに疲れたら…オススメの気分転換を紹介!!

【心理】思考

気分転換

仕事や勉強がうまくいかないとき、

誰かに怒られたとき、ミスをして凹んでるとき、

沈んだ気持ちをパーッとはらしたいなあというときありませんか?

そう、気分転換です。

 

私は結構おっちょこちょいでミスをすることが多くて、

年中凹んでるといっても過言ではありません、、、

そんな私がどうやって日々を乗り越えているのかをご紹介します!

 

スポンサーリンク

休憩中や休み時間にできる気分転換

食べる、飲む

まずは基本の飲食ですね。

実際、人間はおいしいものや自分の好きなものを食べると、

心もお腹も満足して、嫌なことを薄れさせることができます。

好きなものとはいえ、がっつりしたものを持ち運ぶことは難しいので、

チョコレートやアメなどをこっそり忍ばせておくといいですよ!

 

深呼吸する

イライラしたときや焦っているとき、

無理に続けようとすると効率が悪くなって悪循環につながります。

そういう時はちょっと落ち着いて、

ゆっくり深呼吸をすることによって、

身体がリラックスできて、仕事や勉強もはかどりますよ。

 

ストレッチをする

ストレッチは深呼吸と同じで、

張りに張った筋肉をほぐすことによって身体中に血液が巡って、

ボーっとしていた頭がスッキリします。

頭がスッキリするだけではなく、

肩こりも解消されるので、一石二鳥です!

 

その場を一旦離れる

自分を悩ませる原因があるところに

ずっと居続けるということは、すごく疲れますよね。

そんなときは、一旦席を離れて、気持ちをリセットしましょう!

ずっと頑張っていても、効率は悪いし普段より疲れやすくなっているので、

そんなときは一人になって心を休ませましょう。

 

好きな触感のものを触る

最近はストレス発散のための小さなグッズがたくさんありますよね。

梱包材のプチプチやスクイーズなど、

触っていると不思議と心が安らぐようなもの、

こっそりとポケットに忍ばせておいて、

心を休めたいときに触ったりするといいですよ!

 

外の景色を眺める

つらいとき、ずっとパソコンの画面やノート、

苦手な人の顔を眺め続けていると、

うつうつとした気持ちになりませんか?

そういうときは、窓から見える景色を楽しみましょう!

ビルしかない都会であろうと、鳥はいますよね。

 

私は鳥を眺めることが好きです!

どこに飛んでくのかなぁとか、

ご飯取りに行くのかなあとか、

声に出してしまうとちょっと恥ずかしいようなことでも、

景色を眺めながら心の中でつぶやくと、

ちょっとだけ元気になったりします!

 

帰り道や帰宅後にできる気分転換

読書をしたりして他人の感性に触れる

「普段本なんて読んでる暇ないよ!」

って言う人にこそすすめたいのは読書です!

人から与えられる情報のほうが

自分の持っている感性や価値観よりも多い現代で、

読書をすることによって、

自分なりの視点・理解を深めることができます!

 

「どれを読んでいいかわからない!」という人は、

目をつぶって並んでいる棚をなぞって、

適当なところでつかんだ本を読んでみてください!

もしかしたら、運命の一冊になるかもしれません!

 

ゆっくり湯船につかる

ずっと働きづめで疲れているとき、

38~40度くらいのお湯にゆっくりとつかることで、リラックスができます。

もし子育てで疲れた時、ゆっくりつかるのなんて難しい、

なんてときは足湯でもリラックスできますよ!

温かいものに身を任せると、明日への活力につながります!

 

好きな音楽・映像を楽しむ

好きな音楽を聴くと、心地よい興奮がありますよね。

テンションが上がる曲でもいいし、

ゆったりとしたリズムの落ち着いた曲でもいいし、

自分の好きなものを聴いてみてください。

 

それが元気が出るような応援ソングだったりすると、

「誰かきっと自分を見ていてくれる人がいるんだ」

という気持ちになりますよ!

もしくは好きな映画や動画などを見て、

泣いたり笑ったりすることも大事です!

 

友達とおしゃべりをする(笑うことを意識する)

今までよく会っていた友達でも、

忙しくなってくると、

それを理由に会わなくなってきてしまいますよね。

新しい環境で、自分のことを理解してくれる人がいないとき、

人は余計に疲れてしまいます。

そんなときは、昔から自分のことを知っていてわかってくれる人と

ご飯を食べながら近況報告をするだけでも、

心がスッと楽になりますよ!

 

しっかりと寝る

やはり睡眠は人間の三大欲求なだけあって、

健康でいる上で必要になります!

睡眠におけるゴールデンタイムは午後10時から午前2時の間です!

普段そんなに早くに布団に入れないよ!という方、

早く帰れた日や休みの日にはその時間に寝てみてください!

朝の目覚めは全然違います!

ホントに。

 

休みの日にできること

身体を動かす

休みの日、今日は1日朝から晩まで寝てよう、、、

そう思う人たくさんいると思います。

でも、その日の夜にはがっかりすることありませんか?

貴重な休みを寝て過ごしてしまった、、、

そんな経験は誰にでもあると思います。

 

私も実際働き始めた時、

身体がしんどくてずっと寝ていたことがありますが、

日曜日の夕方になって目が覚めて、

ああもう明日仕事なんだと思うと、

余計に身体が重くなった経験があります。

 

月に1回でも2回でも、軽くでもいいので身体を動かしてみてください。

思ったより身体が動かなくても大丈夫!

続けていれば楽しくなってくるし、

汗をかくことって思っているより気持ちいいものですよ!

 

まとめ

気分転換をするには、自分の好きなことをしたり、

ゆっくり休んだり汗をかいたりすることが大事です!

「自分は何をやってもダメなんだ」とか、

「どうしたらいいんだろう」なんて悩んでしまっているときには、

思い切って自分のしたいようにしてみることが大切です!

嫌なことはため込んだりせずに、適度に吐き出すといいですよ!

スポンサーリンク