依存から抜け出すには…たった一つの「気付き」が必要!!

【心理】思考

依存
依存と聞くとあまりいいイメージを持たないですよね。

ギャンブル依存、恋愛依存、ニコチン依存・・・

日常の様々な場面にその陰を潜めています。

 

現在、様々な依存症に苦しむ人が後を絶たず、

事件にも発展する深い問題にもなっています。

どうすればいいんだろう・・・

 

破滅すると知っていながらも止めることができない「依存」。

多くの方が悩んでいることと思います。

克服するのは簡単ではありませんが、必ず糸口はあります。

 

私もそのうちの一人でした。

現在は30代ですが、20代前半から約7年程苦しみました。

私の場合はギャンブル依存でした。

今回は、そんな私の経験を交えて「依存」について話したいと思います。

 

スポンサーリンク

依存しやすい人の特徴・原因

・自分に自信がない

・現実から逃げる

・隠し事をする

・嘘をつく

・ダメだと分かっていても正当化する

・孤独感が強い

 

私が思う特に強い傾向としてですが、

私も含め、依存する人は上記に当てはまっている人が多いはずです。

自分に自信がなく常に孤独に思っている人は

現状を抜け出したいと思っていて、

そこに不意に差し込んだ光が唯一の救いだと思い込んでしまいます。

それが恋愛だったり、ギャンブルだったり、アルコールだったり・・・

人に対する依存、行為に対する依存、物に対する依存、

この3つが陥りやすい依存となっています。

 

その光に触れている間は現実を忘れられ幸福感に満たされいますが、

離れると猛烈に求め、

頭から離れなくなり他の事が手に付かなくなってしまいます。

なんとなくダメなのかなと頭にはあるんですが周りに言い出すことができず、

また光に触れる為に自分を正当化し、

職場や家族、友人に平気な顔で嘘をつきその光へ向かいます。

 

私は、その光は​ ギャンブル​ でした。

頭に浮かんだ時の衝動は凄まじいものでした。

止められないんです。

お金も底をつき、カードローンにまで手を出し、

それも尽きると何かしらの理由をつけて家族、友人、同僚からお金を借りました。

 

でも、罪悪感はギャンブルをしてるうちはないんです。

負けて帰ると「借りた自分は悪くない、悪いのは出さない店だ」と

理不尽な正当化が始まります。

 

そんな生活が7年近く続きました。

借金も気付けば200万円程ありました。

なんでこんな事になってしまったんだろう・・・

 

原因を考えると、私の場合は行動する前に考えなかったことにありました。

大抵、ギャンブルや酒タバコは誰かに勧められて始めると思うのですが、

誘われた時に甘い話の裏のリスクを考える事ができたら回避できたことなんです。

 

小さい頃ガチャガチャが好きで、

100円を握りしめて毎日駄菓子屋に走りました。

もちろん欲しい景品があったからなのですが、

何が出るかわからないワクワク感が堪らなかったことを覚えています。

 

恐らく私は射幸心を煽る様な行為に対し依存しやすい性格なのです。

一回でもやったら依存に繋がると今は認識しています。

当時は自分のことを何も知らず、流されるままに安易に始めてしまった・・・

そしてその過ちに気付いてはいたものの、

現実から逃げ続けてきたことがさらなる依存に繋がる原因でした。

 

依存に繋がる原因はそれぞれありますが、

特に注意しなければならないのは、

なぜそれを求めるのか​です。

何かから逃げたくて、すがる思いで求めているのなら要注意です。

 

「依存」から抜け出す為に

克服する方法は人それぞれ違いますが共通していることがあります。

それは、自分が依存していると自覚することです。

全てはそこから始まります。

自覚し、それによって今どれだけの人にどんな迷惑をかけているのか、

また、これから続けていってどんなデメリットがあるのかを

しっかりと考えることです。

ほとんどの人の場合、

「​ 自分は大丈夫、いつでもやめられる​ 」

と思っています。

そうです。

「​ 自覚​ 」がないんです。

そこが一番恐ろしいところなんです。

 

私は借金で首が回らなくなり、

悩みに悩んで誰にも言えなかった心の闇を

役所の相談センターに相談しにいきました。

そこで、どれだけの借金があるのか、何に使ったのか、

いつからそんなことになったのかを紙に記録されながら、事細かく聞かれ、

最後にその記録された紙を見て初めて「​ 自覚​ 」しました。

 

「これはなに?誰の話?こんなひどい事を自分がしてた?」

自分は大丈夫だと思ってました。

ですが相談し、話してるうちに自覚し始め、

だんだん確信に変わります。

驚きました。

 

この様に思い切って誰かに話すのはとても大切です。

話すことで自分の中で整理がつき、フッと心の枷が外れていくのも分かります。

そこから私はこれからどんな事をして解決していくか話し合いました。

お金のこと、心のこと・・・話す度に克服への意欲が沸きました。

 

結果、お金のことは弁護士にお願いして債務整理しました。

ギャンブルについては二度と行かない約束をし、紙に書きました。

こうして逃げていた現実を見つめ、

しっかりと「自覚」することで解決の糸口は見えてきます。

 

そこに気付けないと負のループからは絶対に抜け出せません。

そこから先は自分自身のやり方を探し、戦いが始まるんです。

周りに頼ってもいいんです!

話を聞いてもらうだけでもいいんです!

とりあえず「自覚」しましょう!

 

最後に

私は現在、克服する為に射幸心を煽るようなものには近づかない様にし、

借金も残りわずかにまで減り、

あんなに依存していたギャンブルも衝動は治まりました。

正直辛い時期もありましたが今は結婚し、子供もいて幸せに暮らしています。

 

もちろん奥さんもわたしの失敗は知っています。

正直に話したら一緒に考えてくれました。

家庭を持てるなんて以前はとても無理だと思っていましたが、

あの時行動できたおかげで今があります。

本当に良かったと思っています。

 

辛かった時期も、私にとってこれからの警告だったと思うようになり、

あれほど後ろめたかった過去も前向きに変わってきました。

これからも忘れずに日々戦っていきます。

ここまで私の話を中心に話してきましたが、

もし同じようなことで悩んでいる方がいらしたら今すぐにでも行動してみて下さい。

そのままでは何も変わりません。

未来の自分を助けてあげられるのは自分しかいません。

自分の心の声に耳を傾けてあげてください。

きっと変われるはずですよ。

スポンサーリンク