失敗ばかりで超怖い…でも失敗が成功の前提だから気にしないって話

【心理】思考

失敗を恐れることこそ最大の失敗じゃないでしょうか?

…とここ一年考えられるようになりましたが、

当の私もそうでしたねー…。

 

この失敗を恐れる心理は、

人間に元々備わっている「安全装置」のようなもので、

決してあなたが人として駄目だとか、心が弱いだとか

そういう話ではありません。

失敗は誰もがやりたくなし、恐れを抱くものです。

 

人間は何かを行う時や、未知の物に遭遇した時、

自分の生命を守る為にリスクを真っ先に考える様に「出来て」います。

…なので気にする必要はゼロ!という話をしていきます。

 

スポンサーリンク

本当にどうでもいい妄想

私が当ブログを立ち上げる時も、

この安全装置が働くことのオンパレードでしたね。(笑)

ほんっとに意味分かんないくらい

自分の頭のなかにリスクや不安が並べられていくんですよね。

 

・「駄目な記事書いたらどうしよう…」→最初だから当然でしょ。

・「批判されたらどうしよう…」→そもそも広く認知されてんの?

・「ブログのデザインどうすんの?」→いきなり綺麗なサイトできるの?

・「知人に気づかれたら恥ずかしい…」→だから、認知されてるの?(笑)

 

ほんっとどうでもいいのばっかですよ。

今思い返したら。

まあどうでもいいと思えたから今ブログを書いてるワケですが。

そんなわけで、この「安全装置」をぶっ壊しましょう。

 

本当に回避すべきリスクなのか?

失敗を恐れる心理を治すのに、

なんでもかんでも「安全装置」を外せばいいワケではありません。

そんなことしたら人生むちゃくちゃになりますしね。

 

昔私は、診療内科に通っていた時に言われたことがありますが、

よく「失敗なんて恐れてくていいんだよ」なんて

軽く言う人がいます。

当時の私は「ふざけんな。そんなの医者でなくても言えるわ」

と思ったもんです。

そんな「ぬるま湯」の言葉じゃ思考は変わりません。

 

どうすれば思考が変わるのか?

 

リスクに関して考えるのではなく、

本当に回避すべきリスクなのかを考えてください。

それも出来るだけ大袈裟に。

 

・「この行動によって本当に人生を左右するマイナス要素が生まれるのか?」

・「もし失敗したら本当に取り返しがつかない大事になるのか?」

 

もし当てはまらないなら即行動です。

それだけ。

 

「小さな失敗はどうなるんでしょう?」

と言う人がいるかもしれませんが、

じゃあ、あなたは成功を収めるのに

自分の身に傷一つ負わない最短距離が走れるのか?

って話なんです。

 

そんな小さな失敗すら存在しない成功法の様な

「魔法」は存在しません。

「無傷」で成功する方法は無いって事を念頭に置く事が大事です。

 

失敗は成功するための「データ」

超ざっくり言うと、成功するには

「やってはいけない事をやらず、やるべき事をやる」

をすれば良いですよね?

 

失敗をする事で「やってはいけない事」のデータが手に入ります。

ラッキーじゃないですか?

成功に近づきます。

めでたしめでたし。

 

残念ながら「めでたしめでたし」で終わらせないのが

近年の日本の教育や風潮ですね…。

日本の教育や風潮では失敗そのものを悪として扱っているので、

なかなか↑で述べたような思考になりません。

学生時代などを振り返ってみてください。

私達は小さい頃から「失敗=やってはいけない悪」というように、

学校などで洗脳され続けてきたと思いませんか?

 

 

受験なんかは良い例ですよね。

受験落ちたら終わりだとか…

まるで人生終わったみたいな感じになりますよね。

周りも自分も。

 

落ちてもいいじゃないですか。

1年後、2年後成功しているなら。

 

私も大学受験に失敗し、浪人した事があるんですが、

もうひどかったですよ。

 

私は兄がおり、その兄は頭が良く、当然志望大学も一発合格。

親は受験に失敗した私に対し

「おまえは今までなにやってたんだ」

「兄貴は出来て、おまえは何で出来ないんだ」

批判の嵐…

 

批判するのは分かりますよ?

浪人したら無駄に金は掛かるし、

家が貧乏なのも知っていたし、

親戚とかに対しても印象は悪いのは確かだし、

落ちたのは完全に私の実力不足なのも事実です。

 

批判100%で改善へ向けての言葉は一つもなかったです。

「何が悪かった?」

「次はどうしていけば良くなる? 」

なんて前向きな言葉はひと欠片も無かったです。

 

恨みましたよね、親を。

親の言われた事になんら良い意味を見出せませんでした。

今となってはもうどうでもいいですけどね。

 

自分の思いに沿わない人や自分を否定する人間は、

この世の中に一定数必ず存在することを知って、理解・納得したからです。

そんなのにあれこれ考えを巡らすのは時間の無駄ですからね。

 

失敗しないに越したことは無いですが、

失敗した時に大事なのは、「批判すること」や「落ち込む」ことではなく、

「次どうすればいいか」「何が原因だったのか」など、

生産的なことを考えて追求することです。

よく言われるのは「同じ失敗を二度するな」ですよね。

これってまさに「次失敗しないために生産的に物事を考えろ」ってことだと思うんですよね。

 

・・・以上長くなりましたが、

私の過去の体験談は置いといて、

失敗を悪とする日本のゴミ思考は完全に間違っていますので、

その思考をお持ちの方は今すぐ捨ててください。

 

「失敗なんか」に後悔させられない為に!

本当にもったいないですよ。

失敗の恐れで行動が縛られる事が。

現状維持が望みなら良いですが、

自分の人生を良くしようとしたら、

行動するしかありません。

 

安全地帯に突っ立ってるのがいいのか、

怪我しながらより良い「可能性」を探す為、前進するのか。

結局選択するのはあなたです。

 

私は、失敗を恐れる事より

後になって行動しなかった自分を後悔する事の方が

今では格段に怖いです。

変われて良かったと本当に思います。

 

あなたもこれを読んで思考が変われたなら、幸いです。

スポンサーリンク