実は簡単!単純!モチベーションが続かない・上がらないのは?

【心理】思考

日常の様々な場面で使われるモチベーション、よく耳にしますよね?

モチベーションって何?

と思っちゃう方も多いはず。

モチベーションとは直訳すると「動機づけ」「意欲」「刺激」となります。

人が行動する時の心のエネルギーの様なものですね。

 

言葉の意味を知らないとどうやってコントロールしたらいいかも分かりませんよね。

このエネルギーを高めて維持し、目標に向かって進む。

自分には難しそう・・・途中で投げ出してしまいそう・・・

ですが、誰にでもこの「モチベーション」をコントロール出来ちゃうんですよ!

 

スポンサーリンク

モチベーションを持つ

モチベーションを上手くコントロールするには、

まず自分の能力を知りましょう。

そして受け止める、それが大事です。

自分を過大評価してしまいがちですが、どんな状態でもありのままに受け止めましょう!

 

次は向かうべき「目標」とそこで何をしたいかの「目的」を見据えます!

この二つのバランスが重要になってきます。

決まりましたか?

 

ここから例えによって説明していきます。

例えば「お金貯めて旅行に行こうか!」だったら

お金を貯めるが目標になり、旅行に行くというのが目的になります。

この時点でワクワク心が躍ってきませんか!?

 

さあ、次は目標達成の為の手段、「内容」を考えていきます!

自分を知ったあなたは、

今の給料でどのぐらいの時間をかければ目標金額に到達するか考えます。

「んー、なかなか厳しいかもしれないけど、節約すれば1年でいけるな!」

ここで目標までの道のりが決まりました。気分が高まりませんか?

 

これであなたのモチベーションが完成しました。

でも、「目標までちゃんと出来るかな・・どうやって気持ちを保とう・・・」

なんて不安も共に生まれてきます。

 

維持する為に

道のりの中で不安はつきもの。この不安を消す為の対策です!

道のりに「ハードル」を設けてみよう!

目標までの道のりに試練となるポイントを定めます。

最初の試練は低めの方がいいです。

越えやすいハードルを設定して、越えられた時の達成感と、

あれ、イケちゃうんじゃないの!?

という次に繋がる期待感を感じた方がモチベーションは安定します。

 

次はもうちょっと頑張ってみようと少しずつハードルを上げていけば、

今まで一度に越えられなかったハードルも気付いたら越えちゃったなんてこともありますよ!

最初のハードルを越えられなかったとしてもマイナスにならず、

「出来なかったけど今回はこのぐらい出来たからいいか!成長したな!」

とプラスに転換するといいですよ!

 

心に栄養を!

ハードルを越え続けても必ず嫌になる時はやってきます。

そう、モチベーションが下がる時期です。

そんな時はモチベーションの意味の中にある「刺激」という部分が大切になってきます!

自分ではどうにもならない・・なら、外から刺激を貰いましょう!

なんでもいいんです!

 

友達と遊ぶも良し、お酒や美味しいものを食べるも良し、好きな音楽、

目指す憧れのものに触れて外から刺激してやりましょう!

リフレッシュってやつです。

よし、もう少し頑張るか!

それで充分また歩き出せますよ!

あえてゴールを作らない

慣れてきたら目標のその先を眺めてみましょう。

達成してしまった後、

「さて、どうしよう・・」なんて思っちゃうと高まったモチベーション

はたちまち下がりますよね。

 

そうならない為にも目標の少し先を見据えて

目標をただの通過点にしてしまうというのも維持する秘訣かもしれませんね。

ここまでを先ほどの例でまとめると、

「お金を1年で貯める為に、最初の金額はとりあえずこのぐらいにしよう!」

「慣れてきたら少しずつ金額を増やしていこう!」

がハードル設定で、

「欲しいものがたくさんあって旅行の貯金崩そうかな・・」

「その前に目的地をもう一回調べてみようかな」

「やっぱり行ってみたい!」

が刺激をもらうという事になります。

 

ペースをコントロールしなければ崩れてしまいそうなくらい繊細なモチベーション。

マラソンみたいですね(笑)

 

維持できる人 出来ない人

さて、モチベーションの持ち方、保ち方を話してきましたが、

できる人とできない人も当然いらっしゃいます。

そこにどんな違いがあるんでしょうね。

 

出来ない人の特徴は、目標、目的、内容の三つが揃っていない人に多いようです。

もしくは目的しかない、目標と目的はあるけどどうしたらいいかわからない、

三つ揃っていても自分の能力に対しての目標と内容の設定が高すぎるなど、

スタート前の段階に問題があるようです。

逆に出来る人は三つが揃っていてバランスも良く、

設定も身の丈に合った内容になっていてリサーチや問題に対応出来る人に多いようです。

 

となると、何か気付きませんか?

子供の頃の夢を思い出してみてください。

宇宙飛行士、パイロット、消防士、レーサーなど目標は必ずあったと思います。

ですが子供の頃の夢ですから時間と共に忘れてしまった方も多いはず。

 

夢は続かなかった。

そうです!初めはほとんどの人が出来ない人からのスタートなんです!

ですから自分には出来ないとかヘコむ必要なんてないんです!

誰でもモチベーションは上げられます!

対策を考えればいいんです!

 

例えば口座に一ヶ月に一回定額を貯金するのが苦手なら定額分を小銭にして

一日に何枚かずつ貯金箱に入れてみたり工夫しましょう!

自分を知り目標、目的、内容の三つのバランスをとる!

それが維持するための対策です!

 

まとめ

ここまでお話してきたモチベーションという言葉。

コントロールは誰にでも出来ますが周りの環境や自分の感情で

180度ひっくり返ってしまいそうな程に

常に揺さぶられてる人間のもっともデリケートな心理状態のことを

指してるのかもしれませんね。

 

オリンピックでメダルを獲る選手のモチベーションはハンパじゃないですよ。

目標が高ければそれに伴う内容が必要なんですから。

でも、同じ事をやれと言われても私は絶対に無理ですがマネをすることなら出来ます。

考え方や見習う部分を自分の生活に反映させて私のモチベーションに変えたりとか♪

 

モチベーションは連鎖だと思うんですよ。

次に繋げてはまた行動を引き起こす。

この繰り返し。

それぞれの思いを抱えながらみんな生きてます。

ですが、

目標が​ 「80歳以上生きる」で目的が「楽しく幸せに」で、

内容が「毎日笑っていられるように行動する」​ だったら

人生に対するモチベーションも沸いてきませんか?

そんな人生を私は送りたいです。

スポンサーリンク