対人恐怖症、克服しました。性格のせいじゃないです。思考です。

【心理】思考

対人恐怖症

ふとした瞬間から人前に出るのが怖くなったり、

大勢に見られるようなときに手が震えてしまったり、

冷や汗が出てしまったり、

自分の意図しないところで身体いうことをきかなくなってしまう、

というような症状が出てしまう人、

もしかしたら対人恐怖症かもしれません。

そんな対人恐怖症だった私が、

それを克服した方法をご紹介します!

 

スポンサーリンク

対人恐怖症って何?

人前に出ることはどんな人でも少なからず緊張はするものですが、

対人恐怖症を発症してしまった方は過剰に緊張してしまい、

うまくしゃべれなくなったり、

身体が震えてしまったりという症状のことです。

自分のにおいなどを極端に気にしてしまうのも症状の一つのようです。

近年では「不安障害」とも呼ばれるようになりました。

 

不安障害とは、緊張や強張りの症状で

日常の社会生活すら正常に送れなくなってしまうものです。

人前に出て話せなかったり、

朝の満員電車に乗れなかったり、

街を歩いていてもみんなが自分を笑っているように感じたりすると、

外に出ることすら難しくなりますよね。

 

人にその話をすると

「性格の問題じゃない?」

「そういうこと私もよくあるよー」

などと簡単に片づけられてしまい、そのまま放置してしまいがちです。

 

特に思春期の大切な時期に発症してしまうと、

その不安を抱いたまま生活することになってしまい、

本人はもちろん周囲の人も苦労するようになってしまうので、

性格だからと片付けないでください。

 

対人恐怖症の原因は?どんな人がなりやすいの?

対人恐怖症、

その大元である不安障害になりやすい人というのは、

心理学上ある程度わかってきているみたいです。

 

・神経質な人

・感受性が高い人

・自意識が強い人

・慎重な人

・内気な人

・真面目で完璧主義な人

 

以上の性質を持った人が、

他人と関わることに対して不安を感じやすいようです。

 

会議中に自信をもって話をできていたのに、

ちょっと言葉を噛んでしまったり、

失敗したときにくすりと笑われた経験のある人は、

それ以降人前で話すことが怖くなってしまったという例があるみたいです。

 

私もその経験があり、

しばらくの間授業で発表できなくなってしまったり、

顔が真っ赤になってしまう時が多くなってしまいました、、、

 

紐解いてみると確かに完璧主義なところがあったように思います。

・みんなが見てる

・絶対に失敗しちゃいけない

・成功させるんだ!

という時に限って緊張しすぎて失敗してしまうんですよね。

 

慎重な人や内気な人は、

今まで簡単な失敗をしてしまった時に

誰からもフォローされることがなく、

叱られてしまった経験があって、

それ以降失敗をするのが怖くなり、

自分から何かをするのが怖くなってしまうようです。

 

そうやって失敗を繰り返すことで、

どんどん自分に自信がなくなっていって失敗して、、、

という悪循環に陥ってしまうようです。

 

対人恐怖症の対策は?

他人と関わることが無意識のうちに怖くなってしまったらできること、

私が実践していた方法がこちらです!

 

・どうしてそうなってしまったのか探る。

・気持ちを楽にする。他人を気にしすぎない。

・自分の長所を見つける。

・規則正しい生活を送る。

 

ひとつひとつ見ていきましょう!

 

どうしてそうなったのか探る

まずは自分がどうして怖いと感じるようになってしまったのか、

つらいとは思いますが過去を振り返ってみるのが大事です。

 

授業中に前に出て黒板に答えを書くときに答えられなかった、

会議中に言葉に詰まってしどろもどろになってしまったなど、

人によって原因は違うと思います。

 

私は授業で音読の時に盛大に漢字を間違えたうえに

噛んでしまったのが原因でした。

今思い返してみると、

なんであんな小さなことでくよくよしてたんだろうなあとも思いますが、

その時の私には一大事件でした!

多分みなさんもそうなんだと思います。

 

そう思うことによって、次に失敗しないための対策ができます!

漢字が読めなかったら勉強をして読めるようにする!

噛んでしまうんだったら、自主的に予習しておく!

極端に言ってしまえば、

失敗をしたからといって、

それだけで人生が終わるわけではないことを知ってください。

そんなに人生は単調ではありませんよね。

 

気持ちを楽にする

「簡単に言うな!」とつっこみがきそうですが、、、

まず、聞いてみてください。

これは人の目が気になる人に特に有効です!

他人から自分がどういう風に見られているのか、

悪い意味で注目されてないかなどを気にして自分を出せない方、

結構多いと思います。

 

実際には誰も自分を見てない、

という感じで考えてみてください。

ていうか、実際問題そんなに見てないです(笑)

あなたは今日会った人の一人一人のことをいちいち覚えていますか?

たくさんの人が印象に残っていますか?

という話です。

 

極端に身だしなみが汚かったりしなければ、

たいていの人はそんなに自分のことを見てないんです。

他の人が見ていると思うのは自分の思い込みで、

人はそんなに他人のことを気にしていられるほど、

暇じゃないんだなと思うことも大事です。

もっと気持ちを楽に、ラフに考えるようにしてみてください。

 

自分の長所を見つける

対人恐怖症になると、

自分の悪いところにばかり目がいってしまいますよね!

どうして自分は○○なんだろう、

ダメだなぁなんて考えてしまいますよね。

 

違います。

自分を否定しないであげてください。

内気な人や真面目な人は黙々とミスのない作業ができる、

真面目で心配性な人は用心深く物事が見れる人という風に、

ネガティブに考えるのではなくポジティブに置き換えてみてください。

 

あれ?

自分って実は普通の人だったのか!

とスッキリします!

難しく考えすぎず、自分と他人を比べ過ぎないようにしてみてください。

考えすぎるっていうのは何事においても本当に良くないことです。

 

規則正しい生活をする

これは基本ですね!

しかも、簡単です。

1日3食しっかりとバランスよく食べて、

ゆっくりと湯船につかって寝れる時間には夜更かしせずにちゃんと寝る!

これだけでもだいぶストレスが軽減されて、心の体も楽になります!

 

リラックスできるようになると、

心にも余裕ができて自分を見つめ直すこともできるようになるし、

これから自分がどうしていったらいいのかも考えられるようになります!

 

まとめ

1.対人恐怖症は不安障害や社会障害とも言い換えられて、

過去の出来事や環境によって発症する

2.極度の身体の強張りや震え、動機を感じるようになり、

それが続くようなら病院に相談する、放置しない

3.対人恐怖症を楽にするためには、

自分のことをよく知って、認めてあげることが大事

 

私もだいぶつらい時期もありましたが、

自分のしたミスはきっと世界中どこでも起こっていることだし、

同じ経験をしている人もいる、

もちろんそれをちゃんとフォローしてくれる人もいるはず、

仕事ができないといわれても

きっと誰かがちゃんと私のことを見てくれて

いい意味で評価してくれている、

と明るくなるようにしたら楽になりました。

 

もちろん、

できないものをできるようになろうと

努力しないで諦めてしまってはいけませんが、

今自分は一生懸命努力しているんだ、

と自分を認めてあげてください。

スポンサーリンク