弱者の私でも人と比べない自分らしい生き方ができる

【心理】思考

自分らしい人生

他人と自分を比べてしまう事。

以前の記事にも別の切り口で書いたことがあります。

自分で比べることをしなくても、

周りの人から比べられることもあります。

そうして下された評価を気にして、

自信を無くしてしまう事もありますよね。

 

他人と比べることなく、

常に自分らしく生きられるために出来る事とはどんな事でしょうか。

少し考え方を変えるだけで、ラクになれる方法もあります。

 

スポンサーリンク

自分は自分

自分は自分と言っても、

決して自分勝手にするという意味ではありません。

他人と比べないためには、

常にどれだけ自分らしくいられるか、という事ではないでしょうか。

 

特に同じような仕事をしてる人に対しては、

自然と競争心みたいなものが芽生えてしまうんですよね。

けれど相手は何も思っていないかもしれません。

そんな風に感じてしまっているのは、自分なんですよね。

 

私自身もすごく人目を気にして、いつも他人と自分を比べてました。

それで「ああ、私って駄目だなぁ~」って落ち込んだりしてました。

そんな時には、自分より下かなって思うような人をみつけて、

自信を持つようにしていたんですよね。

けれど変な優越感に浸っている自分自身のことも、

嫌で仕方ありませんでした。

 

そんな時にふと思ったんです。

”私は何でこんな事で悩んでいるんだろう?”

ってね。

きっとそれまでの考え過ぎで、

自分の中の許容量を越えてしまったんでしょうね。

自分で自分を追い込んでいたんです。

それが吹っ切れると、何もかもが馬鹿らしく思えていきました。

 

他人がバカにしてきても、褒めてきても、

ワケのわからん事を言ってきても、自分は自分です。

もっと自信を持って生きましょう。

 

すべてを受け入れる

人と比べてしまっている自分を、あなた自身はどう感じていますか?

比べることで、変に劣等感を持っていませんか?

けれど、決してそんな風に感じることはありませんよ。

みんなそれぞれの個性を持っているだけなのですから。

自分ではそう思っても、周りがそうは思ってくれない、

人と比べられて嫌な思いをするという事もあるかと思います。

 

けれど比べられたからどうなんでしょう?

人に言われたから、自分はダメな人間ですか?

その人より劣っていると思いますか?

比べられた事に対して、どう受け取るかは自分次第なんです。

そう言われたんだ、という事実だけを受け入れればいいだけのことです。

自分はそう思っていない限り、

そういう事にはならないのではないでしょうか。

 

下手に抵抗するから苦しくなるのだと、私自身の体験からそう思います。

溺れている時にジタバタ暴れると、

余計に沈んでいってしまいますが、

素直に身を任せていると、自然に浮かび上がる、

そんな感じだと私は考えています。

すべての状況を受け入れてしまえば、少しは楽になると思いますよ。

 

良い面を伸ばす

人にはそれぞれに、特性があると思うんです。

あなたにしか出来ないことが、きっとあります。

てか、あります。

他人と比べる前に、今ある自分の才能に気づき、

それを伸ばしてみてはどうでしょう?

 

あなた自身の好きなところって、どんなところでしょうか?

自分にはそんなものない、

中にはそんな風に感じている人もいるかもしれませんね。

自分では気づいてないけれど、周りの人に聞いてみて下さい。

結構ありますよ。

 

これは職場でやったワークなのですが、

二人一組になって、お互いのいいところ見つけて、

それを褒め合うということをしました。

自分では気づいてない面を言ってくれて、

とても嬉しいというか、すごく恥ずかしかったのを覚えています。

周りの人は言わないだけで、

そういうのに気づいてくれてる部分もあると思います。

少し恥ずかしいかもしれませんが、

友達などに聞いてみるのもいいかもしれませんね。

 

この世に一人だったとしたら

究極の考え方ですが、これもいい方法と言えるでしょう。

この世にただ一人だったとしたら、

”きっと楽だろうなぁ~っ”て思うこともあります。

それだけ普段から、他人の目を気にして生きているということですよね。

比べる相手がいないのですから、

自然と自分らしく生きられるという事になります。

 

ありえないけれど、そう仮定した時に見てくるものって、

結構あると思うのです。

一人ならどうして気楽なのでしょう?

今までどんな事を比べていたのでしょう?

自分はかわいくないから?

お金持ちじゃないから?

自由じゃないから?

 

心を締め付けているのは、自分自身だという事に気づきませんか?

誰もいない世界では、自由に羽ばたける気がしてきませんか?

本当は普段からそれでいいんですよね。

 

「世界で一つだけの花」という曲がヒットしたのは、

みんなそれぞれに自分らしく誇らしく生きたいと願っているからでしょう。

だからあの歌詞に、感動や共感を覚える人が多いのではないでしょうか。

そうだとしたら、みんな同じ考え方を持っている気がしますね。

 

自信があるように見える人でも、

本当はそう見せているだけなのかもしれません。

自信がないように見えて、

心のなかでは強い信念を持ってる人もいるかもしれません。

いずれにせよ、結局はみんな同じだということではないでしょうか。

 

まとめ

「自分が本当にしたいこと」というのを考えていると、

おのずから答えが見えてくるのではないでしょうか?

それを大切にすればいいだけです

周りがなんと言おうと、自分は自分です。

自分自身を好きになり、大切にする事で、

自分らしく生きることが出来るようになるのではないでしょうか。

そうすることで、周りの事は気にならなくなっていきますよ。

スポンサーリンク